二世帯住宅・子育て・断熱リフォーム・リノベーション

  • facebook
  • mailto
  • 078-987-2499

ブログ Staff blog

東灘区S様邸順調です

92f653a6d2d4051325d75b21856881bc688b205b.jpg

このように内部をすべて解体してのリフォームになった2階部分は造作工事を終え、

後は建具の取付と内装工事を残すばかりとなりました。

e57e799b961e9e4f291257bcc1880a4e777156bd.jpg

下の写真は古い戸襖の戸車交換をしています。

長く使用している間に摩耗して動きが悪くなってきているので、

すべて交換して建てつけ調整を行いました。こういうちょっとしたことで、

日常生活のストレスがなくなるものです。

6569818ee4b944792e58d08ec03b7aad34a34825.jpg

05c41eae5a5aa28923c7826fb85fba2a004159a9.jpg

| 16年10月08日

耐震改修の講習会

5b8d397367f5c71bb60dd10d5eeb96b0555e68d8.jpg

2日かけて、日本建築防災協会主催の「木造耐震診断資格者講習」と

「木造住宅の耐震改修技術者講習会」を受けてまいりました。

前々から受けよう受けようと思っていたのですが、現場のばたばたに

紛れて申し込みしそびれることが続いており、今年こそはと申し込み

しました。

普段、現場管理と打ち合わせで一日中動き回っているので、2日間

まるまる座って講習を受けるのはなかなかハードでしたが、

今までの知識の裏付けや、ためになることもいろいろあり、充実した2日間でした。

今後もこれを生かして、安心して暮らせる安全な家のご提案をしていきたいと

思います。

| 16年09月15日

東灘の戸建改修着工です

ce63117e4b8cdd39eebbb3c9baef8d4aef412a00.jpg

東灘区のS様邸着工しました。

2階の屋根から雨漏りしていたのがきっかけで屋根、外壁改修と

サッシの入替え工事、浴室、2階の部屋のリフォームを行います。

台風の季節になり、雨も多くなってきたので、まずは急いで

屋根工事を行います。

S様邸の雨漏りの原因は、前回カラーベストを塗装した時に、

その業者さんがスレートとスレートの間にきちんと隙間を

とっていなかったことにあったようです。

塗装をしたときにスレートの間に塗料が入って隙間を塞いでしまうと、

上のほうで入り込んだ雨が抜けることが出来ず、家の中に入ってしまう

のです。下の写真でスレートとスレートがひっついてしまっているのが

分かるでしょうか。

cf6201c697f03418d8610ef5731c788df4d2b052.jpg

屋根塗装の際はスペーサーを入れて施工するか、施工後に

カッターなどで詰まった塗料を除くことが必要なんです。

これから内部リフォームも同時に進行していきます。

| 16年09月09日

賃貸マンションのリフォーム始まりました

b63bee2eb0ea555f563675b68a2ee09053d8b97f.jpg

こちらも以前から大変お世話になっております、賃貸マンションのオーナー様

から空き家になった部屋のリフォームを依頼されました。

築年数も古く、洗濯機置き場がベランダにあるなど、使い勝手も今時では

ないため、全体的にリフォームして住まいやすい部屋にします。

浴室もタイル貼りの在来工法のお風呂でしたので、解体してユニットバスを

入れます。

0b3ff419fcb12cb019e1fa5ecdc54391533fbe31.jpg

これから木工事がはじまり、徐々に形が出来ていきます。

| 16年08月29日

癒される桐床の寝室

Img_1654.jpg

以前から大変お世話になっております、OBさまのF様に、寝室を2階から

1階に移したいので、半分物置になっている和室を快適な寝室にリフォーム

してほしいというご依頼をいただきました。

和室を洋室にしてベッドの生活にされることになり、床、壁、天井、建具共

全て洋室仕様に。築40年を超える建物なので、しっかり壁の補強も施しました。

冬に裸足でも冷たくないように、無垢の桐の床板をご提案。

足触りも色目も優しい、癒される寝室に生まれ変わりました。

【before】

Dsc03295.jpg

【after】

Img_0351.jpg

収納も、押入から3枚連動引戸のクローゼットにし、使い勝手もアップしました。

Img_0347.jpg

無垢の桐の床板は夏はさらっとしていて、冬は温かみを感じる優しい感触です。

Img_0345.jpg

F様、この度は有難うございました。

今後とも末永くよろしくお願いいたします。

| 16年08月10日